炎上・ネットいじめ・ネットリンチの違いとは?

 ネット上の個人攻撃には様々な呼称があり、現時点では厳密な定義はないが、ここでは混同を避けるため一般的な分類を紹介。

炎上
 主にコメント空間の中で終始している「批判殺到」現象を指す。
 芸能人、企業、政治家などの公人に対しての批判、議論沸騰が主な例。
 過剰な批判は中傷に発展する場合もあるが批判を受ける側も議論の延長としてこうした現象を許容する場合がある。

 ネットいじめ
 職場、学級などの現実の人間関係から発展する。関係者で構成された限定的人数で学校裏サイト、SNSコミュニティなどの閉鎖的なネット空間で中傷が行われる場合が多い。
 2ちゃんねる専門板の専用スレッドが利用される場合もあるが、ネットメディア全体に波及するケースは稀である。

ネットリンチ
 ネッ ト掲示板「2ちゃんねる」から発生したネットイナゴと呼ばれる不特定多数の匿名群集が個人の社会的抹殺を目的に広範囲なネット攻撃(中傷、個人情報拡散、 集団ストーカー)を展開する。 SNSで些細なイタズラ投稿などをした一般個人に対して100人から1000人規模で襲いかかる。
 同僚や同級生が加勢して2ちゃんねる上に個人情報を晒し上げることもあり、ネットいじめと融合する場合もある。

 ネットイナゴは良識的な一般市民を装い標的の所属する企業・学校に集団電凸、メールを行う。
 クレームを受けた企業・学校側は無知または自己保身のために当該個人に何らかの処分(解雇、退学、損害請求)を下すことがあり、結果としてネット暴力を迎合してしまうパターンが多く見られる。
 本人がSNSで公開している個人情報のみならず非公開のプライバシー情報も探索して家族や友人までもを標的にする。
 ネットイナゴの行う大量クレームは業務妨害罪、中傷と個人情報拡散は名誉毀損・信用毀損罪・脅迫に該当する。
 批判や言論の枠を超えた集団ネット犯罪であり社会に深刻な脅威をもたらす。 
 一連の流れをマスコミが攻撃側の偏った視点でニュースとして拡散するため、特定個人を攻撃する情態が多方面に拡大し社会全体がリンチ加害者になることがある。

 

 

ネットの罵詈雑言は決して「社会の声」などではない。

 

ネットイナゴは掲示板に個人情報と名誉毀損を書き込むなど悪質な手口で個人の社会的抹殺、自殺を目的にしている。
 企業・団体はネットイナゴの悪意に満ちた匿名大量クレームの圧力に毅然とした態度を取らなければネット上で「玩具」にされ続ける。
ネットイナゴによる数の暴力に押されて要求を呑むことは日本社会に重大な悪影響をもたらす。
 安易に謝罪文を公表することもネットイナゴに餌(燃料)を与える結果となる。それは脅迫に屈して生贄を差し出すのと同様の行為である。

 

大手メディアまでもがネットリンチに加担

 

多くのマスコミ・バイラルメディアは話題に新奇性さえあれば、表面的な騒ぎを安易と取り上げ、ネットから拾った情報を転載して杜撰な記事に仕立て個人攻撃に加勢するが、背景にある2ちゃんねる投稿者の悪意に満ちた動機と手口を伝えることはない。

 

ジョーク画像を投稿しただけの学生が極悪犯罪者やテロリストのように追い立てられネットで個人情報を晒され家族・関係者が嫌がらせを受ける。-----その狂った光景に メディア・タレントは何の疑問も発せず、あまつさえネットイナゴの価値観に同調し「ネットリンチされるのは自業自得だ」「ネットイナゴのリンチには正当性 がある」などと無知と錯誤に満ちた無責任な言説を垂れ流し、ネットリンチに加担する。

ネットとマスコミのヒステリーは相関し、既存のメディアスクラムの習性を補強し、その問題点をより深刻化した。つまりネットの登場で世の中はさらに悪くなっただけである。

 

 

逃避することでより自分の状況を悪化させるネットリンチ被害者達

 

ネットリンチの犯罪 名誉毀損・侮辱・ストーカーのほとんどが親告罪である。被害者本人が警察に通報しなければ犯罪として認知されることはない。個人が権利を主張しなければ社会はさらに悪くなる。

だがネットリンチ被害者が取る態度のほとんどは沈黙か逃避であり、結果ネットリンチの違法性が法的に追求されることなく、次なる被害者を生んでいる。

現状のままでは学校のいじめ問題のように死人が出ない限り、社会に問題意識が形成されることはないだろう。そして誰もがその犠牲者となり得る。

 

残念ながらネットリンチは放っておいても自然に収まることはない。標的の社会的抹殺を目指す血に飢えたネット暴徒から24時間攻撃を受けていながら何の対策もしなければ、当然ダメージは分刻みで増える一方である。

ニュース速報+、ニュース速報(嫌儲)、ニュー速VIPなどの板は一ヶ月~三ヶ月経過すればスレッドが立たなくなるが、その後リンチスレは各専門板に移り何年も攻撃が継続するパターンが多く、個人情報と名誉毀損がまとめサイトに転載されたら何年もネットに残る。

 

 

・2012年以降の2ちゃんねるで新興勢力となったなんでも実況J板では特定の二人に対する名誉毀損、脅迫が5年以上に渡って継続している。
 
学生Aがなんでも実況J板で個人情報を晒され名誉毀損される

弁護士Aに依頼して名誉毀損投稿者のIP開示請求

弁護士も標的に加えてなんでも実況Jでリンチが過激化

ここで「リンチに反撃すると余計火に油を注ぐことになる」と誤解してはならない。無抵抗だろうと反撃しようとネットイナゴは標的を攻撃し続ける。
殴られたら殴り返すのは当然のことではあるが、一発だけ殴り返して戦意を放棄したら相手からの攻撃はより過激化する。「戦っている」という自覚を持ち諦めずに反撃し継続しなければならない。
有効策とされていた開示請求に効果がなかったために学生Aは戦意を喪失し 「放っておけばいずれ収まる」という無気力に陥り、ネットイナゴの犯罪からされるがままになった。
その後、ネットイナゴは2ちゃんねるだけでなく、SNSやしたらば掲示板、動画サイトにまで食指を伸ばし学生と弁護士への名誉毀損・侮辱・脅迫、悪意ある動画や画像を投稿するのが常態化している。

 

・アカウント削除の悪いパターン

2009年、大学生がホームレスと見られる人物に生卵を投げつける模様を撮影した動画をmixiに投稿したところ、2ちゃんねるで晒されネットリンチを受けた。
しかし関係者のmixiアカウントからホームレスの扮装をした学生の友人と見られる人物の画像も発掘されており、学生同士が遊びで撮影したニセ動画であることが判明している。
学生は2ちゃんねるに恐れをなして脊髄反射的にmixiアカウントを削除してしまったため「このホームレスは偽者であり、自分達の動画はパフォーマンスである」と反証する機会を自ら潰してしまった。2ちゃんねるでは「ホームレス襲撃学生」という虚偽だけが一方的に流布されリンチが続けられた。

 


ネットイナゴは標的を犯罪者に仕立てるために標的のSNS・ブログのページのスナップショットを保存し、ある程度個人情報の収集がまとまってからスレを立てる。スレが立てられた時点ですでに標的は身元が特定されているケースが多い。

まだ特定されていないなら迅速にSNS、ブログは非公開設定にしてネットイナゴから探索されるのを抑える必要があるが、安易にネット上のアカウント全てを削除すると反論や牽制の場を失うので返って無防備になる。

身元が特定されたあとでネット上のIDを削除してもネットリンチが止まるわけではない。

 

ネットリンチ発生から一週間以内の能動的な対抗が事態の長期化か収束かを左右する。 泣き寝入りで沈黙していても事態が改善されることはない。


 

ネットリンチへの対抗

ネット群集の思考と習性を熟知したイナゴハンターは、連投によるスレッド強制停止でネット掲示板の局地的勢力の攪乱を成功させ、いくつもの炎上、ネットリンチ、犯罪投稿を打破してきました。
 

群集の凶暴性がネットを介して拡大する現代。文明を侵略する存在は対外ではなく国内に潜んでいます。

凶暴化する匿名の群集=秩序を揺るがす新型の非対称脅威であり、 国際社会は新たな非対称戦争時代へと突入しています。

個人を守り新秩序を形成する安心のサイバー自衛活動をお届けします。